石英ガラス、CaF2、結晶材料など素材と精密加工、設計(光学・メカ)、光学ユニット製作まで
Japanese / English
株式会社大興製作所
ホーム > 製品一覧  > レーザー保護メガネ

レーザー保護メガネ

KENTEKのレーザー保護メガネは高い品質と信頼性により世界各国で愛用されています。
各種レーザーに対応したフィルターと用途に合わせたフレームの組み合わせで幅広いラインナップをご用意。
万が一のアクシデントから目を保護するため、レーザー使用環境下では必ずレーザーに合った保護メガネを着用してください。

 ➔  レーザーセーフティー製品 一覧はこちら

 

  

 フィルター素材

 

 ・ポリカーボネート
軽いため装着時の負荷が少ないです。割れにくいので物理衝撃にも強く、コストパフォーマンスの高い素材です。

 ・ガラス
光学特性が優秀です。可視透過率が高いものや、赤外の対応波長域が広いタイプなどがあります。

  

 フレームタイプ

 

スタイリッシュ
  幅広のプロテクションが側面を保護
  ヘルメットや帽子等と併用しやすいストレートテンプル
ユニバーサルフィット
 フロントの角度とつるの長さを自由に調整できるので
 多くの方にフィットします
オーバーフィット
 つるの角度が調整でき眼鏡の上から装着できます
 (一部の幅広やフレームの大きい眼鏡を除く)
オーバーグラス
  眼全体をすっぽり覆うので一般的な多くの眼鏡の
  上からでも装着できます
 つるはラチェット式で調整可能
ゴーグル
 眼鏡の上から装着可能、目を完全に防護します
 やわらかいパッドで長時間でも快適にご使用いただけます

 専用ケース

フィルター OD値 一覧

 

 様々な波長に応じた15種のフィルターを取り揃えています

 ※上記OD値一覧は、PDF資料(カタログ)でご覧いただけます。

 

 製品リスト

 ■ 5151 Nd:YAG / ファイバーレーザー>

 

KMZ-5151

 スタイリッシュ   

\27,500(税抜\25,000) 

KBS-5151

ユニバーサルフィット

\27,500(税抜\25,000)   

KXL-5151

オーバーフィット

\27,500(税抜\25,000)   

KWL-5151U

オーバーグラス

\27,500(税抜\25,000) 

KGG-5151

ゴーグル

\37,400(税抜\34,000) 

 

■ 5161 <Nd:YAG / ファイバーレーザー>

KMZ-5161
スタイリッシュ
\27,500(税抜\25,000) 

KBS-5161
ユニバーサルフィット

\27,500(税抜\25,000)

KXL-5161
オーバーフィット
\27,500

(税抜\25,000) 

 

■ 5301 KTP YAG(第2高調波) / アルゴンレーザー> 

 

KMZ-5301
(スタイリッシュ)
\27,500(税抜\25,000) 
KBS-5301
(ユニバーサルフィット)
\27,500(税抜\25,000) 
KXL-5301
(オーバーフィット)
\27,500(税抜\25,000) 
KWL-5301U
(オーバーグラス)
\27,500(税抜\25,000) 
KGG-5301
(ゴーグル)
\37,400(税抜\34,000) 

 

■ 5801 810nm半導体レーザー> 

KMZ-5801
(スタイリッシュ)
\27,500(税抜\25,000)
KBS-5801
(ユニバーサルフィット)
\27,500(税抜\25,000) 
KXL-5801
(オーバーフィット)
25,000円 
KGG-5801
(ゴーグル)
\37,400(税抜\34,000)

 

■ 6001 CO2レーザー / UV領域レーザー> 

KMZ-6001
(スタイリッシュ)
\15,400(税抜\14,000) 
KBS-6001
(ユニバーサルフィット)
\15,400(税抜\14,000) 

KXL-6001
(オーバーフィット)
\15,400

(税抜\14,000)  

KWL-6001U
(オーバーグラス)
\15,400(税抜\14,000) 
KGG-6001
(ゴーグル)
\24,200(税抜\22,000)

 

■ 6101 <ルビーレーザー> 

KMZ-6101
 (スタイリッシュ) 

\27,500(税抜\25,000) 

KBS-6101
(ユニバーサルフィット)
\27,500(税抜\25,000)  

KXL-6101
(オーバーフィット) 
\27,500

(税抜\25,000) 

KGG-6101
(ゴーグル)
\37,400(税抜\34,000) 

 

■ 62W01 <近赤外 / 調整用>

KBS-62W01
(ユニバーサルフィット)
\27,500(税抜\25,000) 
KXL-62W01
(オーバーフィット)
\27,500(税抜\25,000) 
 KGG-62W01
      (ゴーグル)      
\37,400(税抜\34,000) 

 

■ 6401  <スーパーマルチ>

 

KMZ-6401
 (スタイリッシュ)
\44,000(税抜\40,000) 

KBS-6401

(ユニバーサルフィット)
\44,000(税抜\40,000)

KXL-6401
(オーバーフィット)
 \44,000

(税抜\40,000) 

KWL-6401U
(オーバーグラス)
\44,000(税抜\40,000) 
KGG-6401
(ゴーグル)
\52,800(税抜\48,000) 

 

■ 6701  <CO2レーザー HeNe調整>

KMZ-6701
(スタイリッシュ)
\27,500(税抜\25,000) 
KBS-6701
(ユニバーサルフィット)
\27,500(税抜\25,000) 
KXL-6701
(オーバーフィット)
\27,500(税抜\25,000) 
KGG-6701
(ゴーグル)
\37,400(税抜\34,000) 

 

■ 7101 <アレキサンドライト>

KBS-7101
(ユニバーサルフィット)
\27,500(税抜\25,000) 
KXL-7101
(オーバーフィット)
\27,500(税抜\25,000) 

KWL-7101U
(オーバーグラス)
\27,500

(税抜\25,000) 

KGG-7101
(ゴーグル)
\37,400(税抜\34,000) 

 

■ 8801 <色素(ダイ)レーザー>

 

KBS-8801
(ユニバーサルフィット)
\27,500(税抜\25,000) 
KXL-8801
(オーバーフィット)
\27,500(税抜\25,000) 
KWL-8801U
(オーバーグラス)
\27,500(税抜\25,000) 
KGG-8801
(ゴーグル)
\37,400(税抜\34,000) 

 

■ 018C <近赤外>

KBS-018C
(ユニバーサルフィット)
\42,900(税抜\39,000) 
KXL-018C
(オーバーフィット)
\42,900(税抜\39,000) 
KGG-018C
(ゴーグル)
\47,300(税抜\43,000) 

 

■ 20C <近赤外 / 調整用>

KBS-20C
(ユニバーサルフィット)
\42,900(税抜\39,000) 
KXL-20C
(オーバーフィット)
\42,900(税抜\39,000) 
KGG-20C
(ゴーグル)
\47,300(税抜\43,000) 

 

■ 062C <調整用>

KBS-062C
(ユニバーサルフィット)
\37,400(税抜\34,000) 
KXL-062C
(オーバーフィット)
\37,400(税抜\34,000) 
KGG-062C
(ゴーグル)
\47,300(税抜\43,000) 

 

 

レーザーによる安全対策は万全に!!

 レーザー光の人体への影響        

 

  

 レーザー安全の確認事項

 MPE(最大許容露光量/maximum permissible exposure)
通常の環境下で、人体に照射しても有害な影響を与えることがないレーザ放射のレベル。
(算出方法はJIS C6802:2014 附属書A参照。対象と波長などの条件により異なる)

 AEL(被ばく放出限界/accebile emission limit)
対応するクラスで許容される最大の被ばく放出。
(被ばく放出量についてはJIS C6802:2014 箇条5参照)

 NOHD(公称眼障害距離/nominal ocular hazard distance)
ビーム放射照度又は放射露光が角膜上のMPEに等しいとこまでの出力開口からの距離。

 NOHA(公称眼障害区域/nominal ocular hazard area)
ビーム放射照度又は放射露光が角膜上のMPEを越えている範囲内の区域。これにはレーザビームの偶発的な誤った方向への放射を含む。

 レーザ危険区域(laser hazard area)
目及び/又は皮膚の露光がそれぞれ最大許容露光量(MPE)値を超過する区域。公称眼障害区域参照。

 レーザ管理区域(laser controlled area)
放射の危険から保護する目的で、区域内への立入り及び区域内での活動が管理及び監督下におかれる領域。

 フェールセーフ(fail safe)
部品の故障が危険性を増加させないような設計上の考慮。

 レーザ安全管理者(laser safety officer)
レーザの危険性の評価及び管理をするのに十分な知識をもち、かつ、レーザ危険性の管理及び監督に責任をもつ者。

 

 保護めがねを選定する際の考慮内容

 a)動作波長 b)放射露光又は放射照度 c)最大許容露光量(MPE)
d)レーザ出力波長におけるめがねの光学濃度
e)可視光透過に対する要求 f)めがねの破損が起こる放射露光又は放射照度
g)めがねレンズの処方に対する要求事項
h)快適さ及び換気性 i)吸収媒質の劣化又は編成(一時的又は過渡的なものを含む)
j)材料の強度(衝撃耐性) k)周辺部の視界に対する欲求 l)全ての関連国内法規

 

OD値(Optical Density:光学濃度)

下図のようにOD値が大きくなるほど、指定された波長の透過率が低くなり安全性が高くなります。
 
    

 

 使用上の注意

 

・レーザー保護メガネは、レーザー反射光/拡散光の中で見る際に使用するものです。
 絶対に直接レーザー光を覗き込まないでください!
・レーザー保護メガネが適用している波長のレーザー以外では使用しないでください。
・レーザー保護メガネを溶接用として使用しないでください。
・本製品はレーザー使用下で安全を高めるためのものです。時間単位でハイパワーのレーザーに
 耐えられるわけではありません。大きなエネルギーを受けた場合は即座に使用を中止してください。
 
 

レーザー光は金属を切断したりするほどの強いエネルギーを持つ光で非常に危険です。
そのためレーザー光を使う場合は、安全に対する知識を高め危険が無いような環境づくりが必要です。
規格としてJIS C 6802「レーザー製品の安全基準」が利用されており、多くの企業でこの基準を満たすための環境づくりが行われております。
さらに安全意識の高い企業ではJIS規格よりも厳しい基準を設け運用されています。
これまで専門性の高かったレーザー加工機が一般に普及するペースが速まっておりますが、安全に対する意識は十分ではないことが多々
見受けられます。
弊社ではレーザー安全の啓蒙を行うとともに、安全製品の販売を行っております。