製品情報

ホーム > 製品一覧  > 石英/素材加工製品  > 素材  > ブロック(材料)

製品情報

ブロック(材料)

石英ガラスには天然の水晶粉から生成される溶融石英ガラスと四塩化ケイ素から生成される合成石英ガラスがあります。
石英ガラスには様々な特性があり、幅広い産業分野において使用されています。
大興製作所では、長年培った石英素材の知識から、お客様の用途や条件に合わせて多様な材料で最適なものを選定いたします。

石英ガラスの特徴
光透過性

紫外から赤外の幅広い波長にわたって高い透過率をもっています。特に短波長の紫外領域においては良好な透過特性を示します。

高純度 非常に高い純度をもっています。よって、含有される不純物は非常に微量です。アルカリなどの不純物を嫌う半導体や液晶製造プロセスに最適です。
耐熱性 優れた耐熱性と低熱膨係数による耐熱衝撃性を併せもっています。また、熱伝導率、比熱が極めて小さいことも特長のひとつです。
耐薬品性 化学的に極めて安定であり、優れた耐薬品性をもっています。

 

合成石英ガラス

大興製作所の合成石英ガラスは、超高純度・高均質で、特に紫外領域で他のガラスと比較してはるかに良好な透過特性を示す、高品質光学用合成石英ガラスです。

主に、露光装置やエキシマレーザーなどの高出力紫外レーザー機器用光学部品(レンズ、窓、ミラー、プリズムなど)に最適です。

溶融石英ガラス

大興製作所の溶融石英ガラスは、その高純度、耐熱性、電気絶縁性などの特性を活かし、半導体・液晶製造プロセス用、照明光源用、理化学機器用に最適です。

光学ガラス

大興製作所では安定供給が可能な常用光学ガラス(エコ対応:Pb,Asフリー)以外にも、i線用光学ガラスのような高均質・高透過率・ソラリゼーションに優れた特注光学ガラスも取り揃えております。

光学用蛍石(USC-A,-Uシリーズ)

蛍石(CaF2)の結晶は色分散が非常に小さく、さらに光学ガラスとは異なる異常部分分散という特性を持つため、レンズに使用した場合、色収差が非常に小さい極めて安定した光学性能を得ることができます。

大興製作所のUSC-A,-Uシリーズは、高均質で真空紫外から赤外までの広い領域で良好な透過特性を示す、高品質光学用蛍石(CaF2)です。